西野七瀬の衝撃

2018年9月20日…、乃木坂46の中核メンバーの一人・西野七瀬ことなーちゃんが卒業することを発表しました。


思えば、乃木坂の握手会に初めて行ったのはなーちゃんがいたから。出先の宿から、ワインを飲みつつおセンチな気持ちで、色々と振り返ってみます。

―今からちょうど4年前の2014/9/27、その日は夏フリこと夏のFree&Easyの全握


タイトル画像にも使いましたが、気づいたら片想いが非常にツボな曲で、そのセンター・なーちゃんとどうにもこうにも握手したくなり、気づいたらの次曲・夏フリの握手会に行ってみよう!と思ったのが、すべての始まりでした。



当時のレーン構成はこんな具合。
懐かしい面々もいる上に、1人レーンがまだない頃。


(ああ・・・ななみん・・・まいまい・・・)
(こう見てみると、18番レーンのお得感が激しいですが、当時はみり愛の魅力に気付けておらず…)

今見れば非常に魅力的なレーンが多いですけど、お目当てはなーちゃんと握手すること。というか、それしか興味がなかったもったいなさ。

当時のTweetを見てみるとレーン構成はあまり気にしてなくて、どうやらかりんちゃんとちゃんと話せなかったらしいですが…、頭の中お花畑になる程度には衝撃を受けたようですw



しかし頭の中お花畑になりつつ、ちゃんとグッズは買ってました。
(今でも家に飾ってますがw)



そしてその3日後には、こんなTweetもw



(…今となんにも変わらねぇw)


とまぁ、なーちゃんとの初握手はこんな具合に始まり、何空→透明な色としばらく乃木坂現場に通うことに。

仕事が忙しくなって、「命は美しい」は今でこそ好きな楽曲ですけど、当時の自分にははまらず、透明な色の個握以降は、2016年9月に欅坂2ndの全握に行くまでしばらくヲタ活休止状態となって行きましたが…、欅ヲタをしつつ、乃木坂機運も高まって、兼ヲタする自体に陥り、今に至ります。

好きなメンバーは他にもたくさん居るけれど、そんな中でも好きになったきっかけのメンバーであるなーちゃんの存在は大きいなぁと…。

芸能界には残るから、一生お目にかかれなくなる訳でもないけれど、「乃木坂の西野七瀬」だったり、「西野七瀬がセンターの気づいたら片想い」を見れなくなったりっていうのは非常に寂しい…。

けれども、なーちゃんが決めたことだし、応援せねば…!

しばらくモヤモヤしそうですけど、そんなことしてると、ロマスタのMVよろしく水かけられそうなので、前を向こうかと思います。

初めて握手した日の可愛さにやられた衝撃を忘れず…に。

0 コメント:

コメントを投稿