オートモビルカウンシル2019へ行ってきた!!!

2017年2018年と続けて見に行ったオートモビルカウンシル。今年も行ってきました!


今回は春の開催ということで、メインテーマのクラシックカーにはピッタリの気候…!


オートモビルカウンシルの前に…。春の陽気に誘われて、ちょっとだけお花見。



心地より春風と、賑やかな家族連れの笑い声に癒やされました◎


その後は、せっかく洗車したのでA3と桜のツーショット。
(選挙の看板の主張が激しい…(´Д⊂ヽ)


実はこの場所、Z3でも撮った場所。
車は変われど場所は変わらず。
住宅街の中に桜があるのって良いですよね。


桜を見た後、用事を済ませてから幕張メッセへ。
県営第1に入れると素敵な並びを見つけたのでつい駐車w

いつかやりたかった信号色三連星!
うちのA3も赤いAクラスも結構大きいので、チンクが食べられそうになってるみたいで可愛い…w


そして、会場入り。



まず目に入ったのは、マセラティ・ギブリ、フェラーリ・デイトナ、ランボルギーニ・ミウラの並び…! それぞれ、カロッツェリア・ギア、ピニンファリーナ、ベルトーネの傑作です。

<マセラティ・ギブリ>


<フェラーリ・デイトナ>


<ランボルギーニ・ミウラ>



…この頃の美しいスーパーカーだったりGTカーを超える美しい車は、今後登場しないよなぁと改めて思わされます。ミウラを横から見た時の美しさときたら…。


―入場早々見とれてしまいましたが、17時までとのことなので先を急ぎます。

お次はヤナセ。去年だかに始まったヤナセ・クラッシックカーセンターの展示です。


Das Beste oder nichts.を感じさせる、600プルマン…。
美しさと重厚感がたまらない1台でした。




そしてメルセデスの歴代コンバーチブルたち。


<190SL>



<280SL>


<560SL>
このくらいの世代のメルセデス…、ぜひ一度乗ってみたいものです。




そしてイギリス車ゾーン。
昔のロータスは色気がありますよね…。
今のもカッコいいですけど!


そして売約済なオースチン7!




銘板によれば、第2次大戦前の1台…?
どんな方が買って、どんなところを走るのか、ものすごーく気になります。。



お次はトヨタブース。
スープラが並んでいました…!
A70…、めちゃくちゃカッコいいです。


最新型はちょっとゴテゴテ過ぎないか?ってくらい…。


そしてそして…!
ソアラ・エアロキャビン!
この型のソアラがとても好きなのですが、屋根が開くモデルがあったとはw



全然知らずだったので、説明員の方に話を伺うと、なんとリトラクタブルハードトップとのこと。SLKが出だしかなぁと思ってましたが、それよりはるか昔にソアラがやってのけて居たんですね…!


デジタルメータですし、さながら最新車種な1台でした。
限定車だそうで、発売当時430万とのこと。(現在の価値でいわば600~700万。。)



そして…、今日イチ感動したマツダブース…!!!


何と何と!!!!!!!!
ロードスターのプロトタイプ展示してあったんです( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)

もちろん画像では見たことがありましたけど…。
実物が見られるとは(´Д⊂ヽ



ボンネットは後ろから開くタイプ…!



インテリアはプロトタイプだけあって、当時の最新のデザイン言語を感じるおしゃれさ。
見切れちゃってますが、サイドウィンドウは手回し式で円形に切ってありました。
ステアリングはその後のアンフィニのステアリングっぽい気も。


説明員の方にお話を伺うと、シャシーは4代目ファミリアをベースに、エンジンもそのままキャブだそうで。


サスペンションは初代RX-7のサスペンションを持ってきたそうな。

試作車とはいえ、この辺りのやりくりの仕方、Z3が踏襲してるよなぁと( ゚д゚)w
Z3のリアサスペンションはE30のリアサスがベースと言われてますし。。w


生産を委託したのは、イギリスのIADことインターナショナルオートモビルデザインとのこと。


ついでに、マツダの資産管理シールも貼ってありましたw


いやぁ…。
ロードスターのプロトタイプを見られただけでも、ぶっちゃけ2,500円の価値はあったと思います。。すごいや。

NA, NB ロードスター10周年記念モデル, NCと並び。



ステージ上には、30周年記念モデルのNDが!

綺麗なオレンジ。。
こういう鮮やかな色をもっと出してくれればいいのにって、よく思います。


このパネル柄のTシャツ…、欲しい…w



大興奮の中マツダブースを去り、また色々と。

<BMW 700 Cabriolet Sport>
ずんぐりむっくりした700カブリオレ。
初めて見たんですが、どう考えても1erカブや2erカブはこの系譜ですね…!


二眼メーターも今と変わらずです。


グレード名にSportとあるのはこの頃からなんですねw


今のBMWの文字がエンボスになったロゴも良いですが、この世代のロゴも味があって良いですよね。



<M535i>
90年代~00年代はMxxxiっていうモデル名はなく、10年代に入ってM235iだとか、M440iだとかが出てきたな~と思っていましたが、実は昔からあるんだよ!ってのを知る切っ掛けになった1台です。


多分サイズ的にいわば、家のA3よりも小さいくらいな気がしますが、圧倒的な質感と迫力は全く及びません。。w


センター出しマフラーがまたスポーティさを引き立てていて。
M535iのエンブレムも堪らない。



<BMW 2002>
よく、2erは02の再来とか言われているような気がしますが…、堪りませんね。
2ドアスポーツセダンの傑作だと思います。


帰りがけ、駐車場に向かって歩いていたら、来場者の方かと思いますが、2002が走り去っていって、めちゃくちゃ素敵でした。。



<Porsche 911 Speedster (typ964?)>
スピードスターといえば、大抵オープンの状態で展示されていますが、この車は珍しくソフトトップがかぶった状態。


911のスタイリングを崩さないような、素敵な幌の形状でした!



国産車に戻って…、日産ブース。


このフェアレディZは、ワンオーナーの車を寄贈してもらったとのこと。
タイヤも当時のブリジストンのバイアスタイヤが装着されていて、美しい1台でした。



80年代の車両展示ブース。

スバル・アルシオーネとトヨタ・MR2…!
角ばったデザインが堪らない2台でした。




レクサス・LS400…!!
当時、世界の高級車メーカーを震撼させた1台。



若干セルシオより長く感じるような。
同じなんですかね。。



ちょっと歩いているとアストンマーチンが!
最近価格低下してると聞いてたV8 Vantageが578万円。。


DB9も44,000kmほど走ってますが、698万円。。
こんな綺麗なボディーカラーなのに!


内装もベージュレザー+ウッドパネルでおしゃれなのに。。!



今が底値な気がします…。
しかし買えたところで、維持できないだろうな。。w
こういう車をさっと買える大富豪に憧れます(´Д⊂ヽw


この後は古いカタログやミニカーなどを見て、今年から?な気がするキッチンカーでフィッシュアンドチップスを買ってみました。

イギリス本国のフィッシュアンドチップス協会?から認定を受けている、Malinsというお店のもの。ちなみにお味は、普通に…美味かったですw


食べている途中で閉館時間となったので、モルトビネガーを沢山かけて袋に入れてもらい、残りは車で頂きました。

気分はさながら、「イギリスの車大好きおじさん3人組」で…(笑)

---

しかしまぁ…、2016年から始まったこのイベント。

去年も去年で色々面白かった記憶がありますが(ちょうどアルピーヌ復活と重なってた気が。)、今年も最高でした…!

また来年も無事開催となることを願います。

0 コメント:

コメントを投稿