SONY Vaio Zの新モデル

先日付けで、私が使っているSONY Vaio type.Zの後継機・SONY Vaio Zが発表されました。今回はアルミ削りだしということで、ますますMacライクになっていますが、パームレストはプラスチックになったようで…。

正直、パームレストがプラスチックというのは、耐久性に疑問が残ります。25万~30万円するハイエンドノート、やはりなるべく長く使いたいじゃないですか。その点において、今回のVaio Zは正直、微妙です。

その点、先代の私のVaio type.Zはパームレストまでアルミ押し出し成型。耐久性に文句はありません。

ただまぁ、今回のVaio Zの特徴として、シルバー基調のtype.SZのような基調色に戻った点は褒められます。私の今のFocus XRがどうにもシルバー基調なので、合わせられる…。
しかも、Core i7を搭載可能で、フルHDのディスプレイを搭載可能、グラフィックスはGeForce GT330MでVRAMが1GB…。性能が半端ないです。

確かに、パームレストに不満はあるものの、ぜひとも押さえたい一台。
しかしまぁ…、今のtype.Zがありますから、別に変える必要もありませんけどねw

それに、Focus XRでVistaを利用し続けるということを先ほど決定したので、ノートもVistaのほうが使い勝手が良い。と、言うわけで、しばらく見守ることとしましょう(笑)

0 コメント:

コメントを投稿