Mazda Atenza (yr 2012, XD) - 試乗レビュー

昨日,アクセラのタイヤ交換と点検の間に,タケンザことGJ型アテンザに試乗したので,素人目ですが,簡単にレビューしてみます.


試乗させてもらったのは,XDのセダン.2.2LのSkyactiv-D,クリーンディーゼル車です.
GG型アテンザに比べると相当な巨大化ですが,車両感覚がつかみやすい…?!


一瞬,XD-Lかとも思うのですが,シートがマニュアル操作だったので,XDに19インチAWを履かせたものというのが,乗ってすぐに解りました.

しかし,シートに座ってみてインパネ周りを見渡すと,予想通りの"マツダらしい"内装.どうしても,この車格の内装は苦手なようです.(MS-9/センティア,ユーノス・コスモなどは凄かったですが…)

ただ,視点移動を余りしなくていい位置に2DINナビが入るのはかなり好印象でした.
メーター周りも,それなりに高級感ありましたし.

ここまでは大体予想通りの結果でした.

しかし走りだして,道に出たら,予想以上の取り回しのしやすさ.
車両感覚が掴みやすく,久々にこのサイズのセダンの運転ですが,不安感が全くありません.

しかも,

2.2LのSkyacitv-Dは2,000rpm程度で,十分なトルク感を与えてくれ,それ以上踏んだらぶっ飛ぶのではという感じ.

シートのホールド感も,ステアリングのレスポンスも悪くありません.
但し,19インチのタイヤはちょっと固すぎるかなという印象を受けました.

ここは,乗り方次第な気がします.

ゆったりとロングドライブを楽しむなら,多分17インチの方が良いでしょう.(乗ってませんけど,柔らかくなるはずなので)
ちょっと踏み込みたい,そんな方は19インチは確実なレスポンスを返してくれますし,操舵感も重くはありません.

その上,履いていたのはPotenzaでしたが,ロードノイズは全くといっていいほど感じず,車内は静かです.

田舎道を20分ほど走らせてもらいましたが,全体としてはかなり好印象.
ミレーニアの事を考えれば,このインテリアデザインは十分に納得のいくレベル(笑)

ミレーニアに乗っていた方は,やっと買い換えるアテを見つけられるのではないでしょうか.

ディーラーの方曰く,マツダ車乗りではない方が試乗しに来て,即日契約なんてこともザラなようで.運転したら確かに,買い替えを考えていたら買いたくなってしまうクルマです.


一度,所有したいクルマだなって,凄く思ってしまいましたw
いやけど,目指すはアルフィスタ.

自分でクルマを買う時,凄い悩みそうです(笑)

0 コメント:

コメントを投稿