イヤホン

うーん…。やはり定価 3,000円程度のイヤホンと7,000円程度のイヤホンだと音に大差があるのを感じました。

私が使っているのは、Audio-TechnicaのATH-CKM70。通常販売価格が10,000円弱(実売 7,000円程度?)のモデルですが、高音のクリア感が気に入っている一品。

友人が「家で見つけたイヤホンががが…」と言ってきたので、聴き比べると確かに…。
というか以前、iPod純正イヤホンと聴き比べたときもそう思ったんですよねw

…と、この文章を打ちつつ、Rascal Flattsを聞いていますが、Bob That Headでびっくりした…。
高音が素敵すぎて、たまにびっくりなのです…(笑)

んー、けど1万円程度のイヤホンって、PCで言えばミドルハイのレベルですね。
ハイエンドクラス(Sennheiser IE7などなど…。)となるとどんな音がするんでしょうか?w

ただまぁ、ハイエンドクラスとなると、恐れるはやはり…。

断線。


しかしながら、SONYのイヤホンには断線保証があるらしい?!
…となるとSONY一択か?w

けどなぁ…。
以前SONYの2.1chスピーカーを使ってて、中音域の弱さを体感しているので、ちょっとSONYは怖い。

んー…。
まぁ、お金がある時に新しいイヤホンについては悩みましょう(笑)

0 コメント:

コメントを投稿