卒業旅行、4-days!

先月10日、卒業研究の審査に合格し、一息ついて人生最後の長期休み。
卒業旅行に行ってきました。日数、実に4日間w


大学生の卒業旅行といえば、海外ですが…。
いやいや(笑)


・ Day 1: 奥日光を目指す

最初の2日間は、1泊で大学の提携施設へ研究室全体で旅行へ。


東武6050系に揺られて…。


出発してすぐに、思い出深いPilsner Urquellを空けてしまい。


埼玉を過ぎたあたりで、駅弁を食らい。


クラフトビールの道へと誘ってくれた、BrewDog Punk IPAを飲みながら。

東武日光駅に到着!


出発した朝は、雨がぱらついていましたが、無事に日光は晴天。

そしてさらに、路線バスに揺られること1時間。


いろは坂やら中禅寺湖を横目に、奥日光湯元温泉に。

夜ご飯は、申し訳ないくらいの出血大サービスw


こんなに質もよく、量も多い宿のご飯は未だかつて無いレベルでした。
また泊まりたい…。


・ Day 2: 一時帰還!

翌朝は、宿でこれまた豪勢な朝食をとった後、路線バスに揺られながら東武日光駅へ。
お昼を食べてから帰京することとなり、手打ちの蕎麦屋のオープン待ち。

開いてすぐに入り、手打ちのざるそばと湯波刺をいただく。
これがまた美味い…。


昼食をとった後、博多に行く仲間内で、博多の相談をしながら、東武の区間快速を待ち、乗車。


帰りも東武6050系。帰りは意外に早く感じました。

とうきょうスカイツリー駅で押上駅まで歩いて、成田に一時帰還。
旅行かばんを置き、小さいバッグに着替えだけを詰めて、博多に備えます。


・ Day 3: 久々の飛行機…、いざ博多へ

卒業旅行、3日目。1日目と同じ時間帯の電車で、今度は羽田空港へ。
津田沼から友人たちも合流。

もっと手続きに時間がかかるかと思ったら、そんなこともなく。
あっという間に、初めてのエアバス・A320に搭乗!


シャークレットがΣd(゚∀゚d)イカス! この機材。
福岡空港方面へは、巡航高度約11,500m・巡航速度約660kphで向かいます。
しかし大気が不安定なのか、離陸時は結構揺れ、巡航高度までの上昇中も揺れが続きました。

―この辺りで気付いたのですが、この4日間、移動距離も然ることながら、高低差も激しめw

そして、あっという間に福岡へw


着陸後、福岡市営地下鉄に乗って博多へ行き、駅チカの予約しておいたビジネスホテルに荷物をおき、早速博多のグルメを求め出発!

友人たちが、博多在住の知り合いに聞いておいてくれたのと、TV番組で仕入れたネタで、行く店も大体決まっており…。

- 1軒目: うどん屋


博多+麺といったらラーメンのイメージですが、実はうどん、らしく。
サービススピードも圧倒的で、感動w

しかもダシもよく出ていて美味いことこの上ない!


- 2軒目: 海鮮類中心の居酒屋



2軒目には考えていたお店があったのですが、予約で満席とのことで、このお店に。
博多名物・ごまさばを注文し、恐る恐る時価の「イカの活造り」を注文。

ゲソを食べたくて齧ってみたら、大将が「ゲソは天ぷらにしますよ~!」と声をかけてくれて、天ぷらになって帰ってきたり、とにかく圧倒されっぱなし。

他にもアジの活造りや、大将オススメの刺身盛合せなどを頼み、次のお店へ。


- 3軒目: 元祖・九州の串焼屋


先ほどの海鮮類で結構お腹が満たされていましたが、やはり串も行きたい。
というわけで、この串焼屋へ。

お店のメニューをみて、また気付いたことが。
「海鮮類は、無い。」

結構、関東の居酒屋って、串やってて刺身も出す、みたいなところが多いのですが、このお店は馬刺とかはあるけど、海鮮類の刺身はない!

分業化がちゃーんと図られていて、最高の料理を提供してくれちゃってます。

ただまぁ、九州の串といえば、「貝柱」と「豚バラ」らしいので、もちろんそれは扱っていますが、「串」にフォーカスしていて、潔い。

逆に先ほどの海鮮類中心のお店は、串の概念はありませんでしたから。

そして、こちらのお店の大将は有名な方なようで、遠方からやって来た我々を楽しませてくれました。

そろそろ胃も限界…とか思いつつ、次のお店へ向かうべく、歩いていると。
博多の綺麗な夜景が。


地方都市の余裕を感じて、良い街だな~としんみり。
いや、テンションは最高潮だったんですが(笑)


- 4軒目: 〆のラーメン屋


これまた、博多民オススメのラーメン屋。
うどんが名物! といいつつ、やはり押さえなきゃいけない逸品。

麺は「バリ硬」で。
湯で時間の短さからか、うどん並みのスピード感で提供。

しかもめちゃくちゃうまい!
ちょっと並んだ甲斐もありました。

ちなみに、お値段。

うどんはごぼうの天ぷらが乗っかって500円。
このとんこつラーメンは550円。

お財布にやさしい!
しかも美味い。

完敗ですw

という訳で、Day 3も幕を閉じ。


・ Day 4: 旅の終わり


朝起きて、ホテルで朝食を済ませ、各自荷造り。
その後、博多駅構内でお土産を買って、胃のスペースを開け…。

博多といえば、の。
モツ鍋を。しかもランチで(笑)

これまた、モツが甘い。
お昼ですが日本酒も注文してしまいましたw

その後、もう1軒よってビールを飲み。

福岡空港から、羽田空港を目指してあっという間の帰京。
巡航高度は約11,000m、巡航速度は1,100kph(≒マッハ0.9)程度。
行きより風の影響で速いことw


気付けば、富津岬も見え、夕方の羽田に降り立ち。
京急に乗って、旅がそっと幕を閉じました。


陸路にすると、約2,500kmくらい移動し、12,000m位まで上がったり下がったり。
ホントに、怒涛の4日間でした。

4月からの社会人生活前の、良い息抜きになったかな。
しかしたまには、こういう息抜きが出来る人生を送りたいと思います。 

0 コメント:

コメントを投稿