東京モーターショー・2011: 特別招待日に行ってきた!

ほぼ毎年恒例となりつつある、特別招待日でのモーターショー行き。
今年も何とか御祖父様のお陰でチケットを入手。
行って来ました!!!


この入口に辿り着くまで、何というか、40分掛かりまして。
東関道の湾岸線を上り、湾岸道路に入って新木場ICで降りたのですが、ビッグサイト手前になって、駐車場に入るまでに30分以上の車列。

どうにも、関係者・IPなどの入り口と我々一般の駐車場入口の案内が上手く行ってなかったのが原因の模様。

警備員さんも、「レインボーブリッジ、封鎖できません!!!」ってレベルで、入り口案内に困っていたwww

で、入るも駐車場は会場から結構遠い。(まぁ徒歩5分強?近いかw)


…これは明日の一般公開どうなる?
かなり心配です。

さて、今回は40枚弱の画像でお送りしますので、初めて続きを読むってのを使ってみます…(笑)


―昼食。

はてさて、とりあえず入場して、腹ごしらえをと。
ビッグサイトって、メッセと違って飲食店がかなりあるんですね。

入り口に入ってすぐにあったカレー屋さんに、匂いにつられて祖父と入ってしまいましたが…w



だってあんなに渋滞で待たせられるんですもの。
しょうがないです。

けどカレーは美味しかった!

で、祖父と別れ、別行動を開始。


―ベンツブース。

とりあえず何となく会場へ入って、目についたベンツブースから覗きました。



まぁチラッと。
やっぱSLS AMGはカッコ良かったですよ…。

けどやはり、至極謎なのはC63 AMGとかのマット塗装。
鳥の糞ついても大丈夫なの?

…聞けば良かったw

因みに、帰り際にE63 AMGかな?
Eクラスの運転席にも座っちゃいました。

Jaaagの方が良かった(ry


―マツダブース。

これは別記事にて。


―そしてチラッとルノーブース。


早速、ウィンドが飾られていました!
かっこ良かった。そして可愛いw

因みにメガーヌGTに、帰り際にEクラスと同じく座っちゃいましたが、シートのホールド感が素晴らしかったです。

お姉さん曰く、インパネ上部のクーラーのパネルのところを取り外すとナビを取り付けられる模様。
考えられてますね。


―ニッサンブース。

ニッサンは云わじと、リーフやEVの出展が多かったので、GT-Rなどをチラッと見てそそくさと。


某巨大掲示板群でも噂の、TOWNPODコンセプト。
イラッとくる顔で有名なこの子。実際に走ってました(笑)


リーフ・NISMO RC。

リーフもこうなるとカッコいいですね…。
普通にこれで売ればいいのに(笑)



―スバルブース。

お目当てはスバル・86ならぬ、BRZ。


マットなホワイトパール塗装。
86やん…。

と思ったら奥に青いスバルカラーのBRZが置かれてました。

BRZは乗り込める様でしたが、流石の混雑具合だったのでスルー。


―ポルシェブース。

まず、ブースの作りがカッコいい…。


シンプルにロゴだけ配置。
こういうの好きです(笑)



7速MTと言う、もはやトラックかと突っ込みたくなるトランスミッションを積んだ新型・911カレラ。
ちょっとボンネット開いちゃってチラリズム、じゃなくて…。

まぁちょっと前よりは全然カッコよくなりました(笑)


―アウディーブース。

最近、フォルクスワーゲンAGと一緒で盛り上がってる会社。
かなり活気がありましたよ。

1枚目は、これはAudi ultraと言う軽量化技術を使って作ったル・マンの車両。
いやー、リアのエキゾーストがもう、エロかった…。


R8 GT。
こちらもマット塗装。


A8L。
羽振りのよさそうなおじさま達の目を引いておりました。


S5の運転席。
鍵がかかってて座れなかったのですが、中だけ。

ドライバーオリエンテッドな運転席となっております。


そしてここからはA1達。
A1の5ドア版、A1スポーツバックが置いてありました。

その隣にはA1サムライ・ブルー。
なでしこジャパンにA1を寄贈した時に作ったものでしょうか?


ところ変わって、A1 e-tron。
EVですが、可愛くてしょうがない(笑)


アウディAGも勢いがありますね…。
このデカいグリルの流れを作った会社ですから、これからもデザインの方面で期待です。


―三菱ブース。

チラ見したかったミラージュ。


ミラージュと言われると昔のクーペとかしか思い浮かばないんですが…。
まぁコンパクトカーになって、名前が復活したのはいい方向性な気がします。


―フォルクスワーゲンブース。

勢いに乗ってるといえばフォルクスワーゲンAGとそのグループ。
気になっていたのはゴルフカブリオレでしたが…。


ザ・ビートルも展示されてまして、こちらはホント良かったですね。
以前のニュー・ビートルより、形が好きです(笑)


そして、パサートCCの後継となる、CC。

インテリアはあまり見てないのですが、フレームレスのドアでして。
素敵すぎました。

内装は流石、ノリに乗ってるな、とw



―ロータスブース。

去年に比べると規模がかなり小さくなってました。
とりあえず、エリーゼSを。


来年の出展に、期待。


―ホンダスルーで、ヤマハブース。


ホンダもNSXがいきなり復活というわけもなく、興味のないEVコンセプトを出していた気がしたし、二輪車はヤマハ・V-MAXが…という感じなのでホンダスルーでヤマハブース。

V-MAXだけ見てきました(笑)

この飛び出たエアインテークが堪んないですよね…。
2輪車は乗る気が起きませんが、V-MAXは素直に乗ってみたいって感じです。

…無理ですがw


―BMWブース。

アルピナも含めてのご紹介です。
アルピナのチューンはホントカッコいいですね…。伝統の20スポークアルミが決まっておりました。


そしてビッグチェンジとなる1er。
120i Sportと116i Styleです。


うはは、やっぱ不格好?w


…よくよく考えれば、3erもモデルチェンジだよな…。
書きながら、見て来なかったことを悔やみますw


i8コンセプト。
こちらはEVコンセプトですね。

近未来過ぎてついていけません。(キッパリ


―プジョー・シトロエンブース。

グループですので、表がプジョー、裏がシトロエンと言う感じのブース構成でした。
やはり注目はDS5。

意外に大柄、セグメントはアクセラと同じでしょうか。


外見がエロすぎて、内面まで知る気にならなかったんですが、これは売れそうですよ…。
ただワイパーが観音開きってのが…。


―ジャガー・ランドローバーブース。

遂に来ましたJaaaaaaag。

まず目に入ったのは、TopGearでもまるっきり同じ色で出ていた、XKR-S。



どうやらIPが来ていたようで、ボンネットを開けての技術解説。
開き方がいいですねw


そしてXFR。XFシリーズのスポーツモデルです。

何気に帰り際に運転席に座ってしまいまして。
例のボリュームのツマミみたいなシフトスイッチとか、


300km/hまで刻まれてるメーターを見て、興奮w


ステアリングを握っては、こんな車に乗れたら…としみじみ。
5erとかEクラスとかが好きな私にはXFはドツボなわけで…。

実物が走ってるのは見たことありますが、実際座ると、ドキがムネムネ。
もうヤバかったです(笑)

そしてXJ Supersport。


ロングホイールベースですから、かなり威圧感。
こんなのに追い越し車線でロックオンされたらたまったもんじゃないですね(笑)

レンジローバー・エヴォーク。
何か無骨さがなく、可愛いSUVでした(笑)



―Lexus・トヨタブース。

まとめちゃいます(笑)

目に止まったのはLFA・ニュルブルクリンク。
限定生産なのが惜しい、1台です。


そして新型GS。

BMW 5erに囚われすぎ。
リアコンビは完璧に3erと同じ。


で、トヨタの方面。
ルノーチックなフロントフェイスのコンセプトカー。

次期MR-Sと謳われている、ヤツでしたっけ?


そして、トヨタ・86。
ディーラーの好き好きで選べばよさそうな(ry


…とまぁ、何だかジャガーの後にトヨタが来てしまったものであれですが、こんな感じ。
車のブース紹介は以上で、お次は部品メーカーなどのブースをちらほら。


―日本自動車大学校ブース。

自動車の専門学校としては初の出展だそうで、在籍する学生と教員でデザイン・設計・製作をしたプロトタイプカーが展示されておりました。


EVだそうで、協賛メーカーなどからシートの供給を受けたりしていて、普通の自動車会社に劣らない車を展示していましたよ。

オートサロンの常連校ですが、まさかのモーターショー入り。
凄いですね!


―トミカブース。

実はかなり、楽しみだったブース。
ミニカーは子どもの夢ですよ?

私なんて未だにマツダ車が出て気になると買うのに!!!(笑)


こんな感じで大都市が展開されておりました。
そして、限定版のミニカーなども販売されてまして(笑)


アクセラスポーツの限定版。
シルバー塗装でボディ横にモーターショーのプリントが。

たまらんですw


―日本精工(NSK)ブース。

世界初のFF向け、トロイダルIVTの開発をしたそうで、展示されていました。

本来スペースを取るのでFR向けにしかトロイダルIVTは無かったようなのですが、FFにも実装できるように小型化し、成功したようですね。


…実は今回、CVTについての質問があったのですが、日本精工の方ではやはりトロイダルIVTが今回のメインでしょうから、聞くのも申し訳なく…。


―アイシンブース。

に、CVTの謎を究明しに行って参りました!

CVTの謎。

無段階変速機とは言え、制御は結局コンピュータ。処理する上で無限という数は取り扱えません。
だから、何かしら制御の段階があるのでは?(≒100何段だかしらんけど、とりあえず無限ではないんじゃないか?)と言うお話。

アイシンAWのCVT開発担当の方(多分相当偉い方なんだろうに…。)にその質問を率直にぶつけてきました。

担当の方は凄く丁寧に対応してくださって、どうやらCVTというのは回転数自体をチップで制御している訳じゃなく、プーリーの油圧をチップで制御して、回転数にフィードバックさせて、調節しているらしい!

つまり、チップで扱ってるのは油圧部分だけで、エンジンの回転の制御自体は変速機の物理的な制御で成り立ってる、とのこと。

おー、これはスッキリですね。

全然プログラムもアマちゃんで、車も大して詳しくない私に、わかりやすく説明してくださるとは…。頭の良い方は違いますな…(笑)


そしてそして、アイシンブースでスッキリした後は、何だか吹っ切れて、Jaaaagの運転席に座ってみたり、メガーヌGTの運転席に座ってみたり、Eクラスの運転席に座ってみたりと、(握手会的に)楽しんできました(笑)

外に出ると、こんな夜景が。


都会ですねぇ…。
千葉県民にはキラキラしすぎてるので、そそくさと帰路に就きまして、午後7時過ぎに帰宅。

長い1日が終わりましたw


にしたってまぁ、初の東京ビッグサイトでしたが、ブースが狭くなったので、内容が濃く感じました。
で、私が年を取ったのもあるんですが、解説員の方ともお話を楽しめましたし、何より。

Jaaaaaaaagの、あの1,200万もするJaaaaaaaaaaaaagの。
運転席に座れたことが幸せすぎて…(笑)

また来年もJaguarの出展があれば、ぜひ座りたいものですwww

明日・明後日と一般公開日ですが、周辺の混雑は必至。
予定より早く出ることをお勧めしますよ!

0 コメント:

コメントを投稿