Michael Bublé: Live in Japan 2015

もう昨日のことになってしまいましたが、2015年2月6日はMichael Bubléの初日本公演でした!


洋楽のライブに行くのは実に5年ぶり?(前回はChicagoでした。
―想像を超えた、素晴らしいパフォーマンスを見ることが出来ました。
出発は午後3時頃。
とりあえず会社に行く気分からは脱したかったので(せっかく有給取りましたし・・・)、京成で本八幡、本八幡から神保町まで新宿線で。

神保町といえば、あそこに行くしかない。。


オープンと同時にCraft Beer Market 神保町に入店し、駆けつけ2杯ほど美味しいクラフトを飲み、帰りがけお店の人に進められて、ビールのテイクアウト(?!)を。


物自体はLagunitas IPAと、美味しいながら流通量の多いビールですが、テイクアウトってやはり面白いww

そんなこんなで、徒歩で日本武道館へ向かいます。


ライトアップされ、テレビの取材も来ていたりと、流石の人気具合。
会場は、タイトル画像の通り、少し靄掛かって、オシャレな雰囲気でした。

そして午後6時半過ぎ。
前座のNaturally 7のステージから、ライブが開始しました。

ニューヨーク発のグループで、ボイスパーカッションにアカペラ。
曲目は失念しましたが、パワフルな声で会場を魅了してくれました。

Naturally 7が30分ほど歌ったあと、ステージの切り替えなどを行って、午後7時20分過ぎにブーブレのライブがスタート!

一応、今回のワールドツアーのフィリピンでのセットリストはチェックしていたので、大体の流れはわかっていましたが、David Fosterと共演してるライブ映像くらいしか見たことなかったので、どんなステージになるのか全く想像もしていませんでしたが、始まるなり、火が吹き出し、ブーブレの1stアルバムからFeverを音源そのままの魅惑のボイスで歌い始めました。

実は、It's Time以外は彼のシングルを少しかい摘んでいただけで…。出だしの感動を味わえなかったことが残念…。

ホンダのCMでも使われたFeelin' GoodやHomeなど名曲を網羅しながら、BSBのEverybodyなんかも歌い…と、とにかく豪華。

最初のMCでは、クリス松村(多分ブーブレは芸能人と知らず・・だろうけど)と握手したり、応援ボードを手作りしていた女性を呼び寄せ、サインをしていたりとファンサービスも旺盛。


会場があったまってきたところで、会場後方のステージへと移動し、前座を務めたNaturally 7と一緒にマイケル・ジャクソンのMan In The Mirrorを歌ったりもしてくれました。


その後もライブは続き、All You Need Is LoveからのBurning Love。


そしてIt's a Beautiful Dayとつながります。

この日、行く前に思っていたのが、レオン・ラッセルのSong For Youを聴けたらな…と思っていて、フィリピンでのセットリストにはアンコールの最後の曲にリストアップされていたので、淡い期待を寄せていたら、本当に歌ってくれました!


最後は、マイクを置きモニターを外し…。
圧倒的な声量で、アカペラで歌ってくれたりも。

さすがにウルっときてしまった。。
Song For Youを歌いきり、ステージの幕は降りて行きました。


その後は、成田に帰っていつもどおりピザとビール。


良い有給でした!

これを気に、ブーブレのCDを集めようと思います。
またいつの日か、来ることを祈って…。


P.S. 一応、今回のセットリストはこんな感じ。

Michael Bublé Setlist Nippon Budokan, Tokyo, Japan 2015, To Be Loved

0 コメント:

コメントを投稿