幻の江原台駅…

会社の夏期休暇の制度を利用して、3連休を錬成した私。
昨日は本当はBBQに行くつもりが、台風でキャンセルとなり…(しかし雨はふらず…)

散々な始まりでしたw


でまぁ、昨日今日と走ったこと無い道を走ろう!と思い立って、昨日は白井市の方を。
今日はR356を上って、印西を抜けて佐倉へ。

そこでふと思い出した、江原台…。


もともと、京成電鉄が改軌工事をした際に、「佐倉・臼井中間仮駅」という駅を置いたことに始まり、「江原台駅をいつの日か!」と思ったのか、未だにロータリー用地が開いていたりするファンシーな場所。


京成の駅 今昔・昭和の面影(石本祐吉 著)を知人から借りて以来、気になっていた場所。
何もありません。


リアバンパーが治ったアクセラもパシャリ。
本当はこんなふうに迎えの車が来たりする、予定だったんでしょうねぇ…。


時間的に上りの電車が来そうだったので、待っていると京成3500形が!
もちろん、何もない場所なのでスルーです。

今はJRで通っているので、たまにしか乗りませんが、やはり味があって良いなぁw

江原台で、京成に思いを馳せたあとは、道に戻り、高速で幕張まで。
帰り道、コンビニで一休みしていたら雨が!


もっぱら冠水している道もありました…。


千葉でもこの辺りは、特に被害は無かったと思いますが、やはり災害は嫌ですね…。
去年の台風クラスのはもう勘弁願いたいです…(;一_一)

0 コメント:

コメントを投稿