第43回 東京モーターショー・新型アクセラのまとめ

さて,TMSのオーバーオールは書き終わりましたが,コレが終わっていない!
新型アクセラのまとめ!!


セダンの方に興味があるので,そちらを中心に.


第43回 東京モーターショー(TMS2013)でのマツダの展示はこの,新型アクセラが中心.
ハッチバックは,全国のディーラーで既に試乗が開始されています.


このセダンタイプは,SkyActiv-G 1.5LとSkyActiv Hybridからの展開で,SkyActiv-Dの設定が無いのが悲しいところですが,TMS2013では特にHybridを推しての展示となりました.


実際に座れる展示車もあったので座ってみたり,周りをじっくり眺めて見つけた美しさ.
このCピラーの造形.


今乗っているBK型アクセラのCピラーも魅力的ですが,新型アクセラはさらに滑らかなラインを描き,最早エロいレベル.ハイマウントストップランプも車内になったので,進化してます.

お次はこのフロントノーズ.


CX-5,アテンザに次いでのシグネチャーウィングの採用となっていますが,シグネチャーウィングの下,ライトとの隙間が絶妙に樹脂パーツで埋められ,ヘッドライトの造形の美しさを保っています.

…コストかかりそうw

ナンバープレートの位置は,諦めればここでもいっかって感じでした.


エンジンルーム.ぎっしりと.
けどやっぱりハイブリッドは抵抗があります.

ただ,リアのトランクの件で開発担当の方と少しお話したところ,リアサスのダブルウィッシュボーンを守りぬくために,どうしようもなかった,とのことで,サスペンションを取ってくれてよかった,やっぱりマツダだ!って思いました.

もちろん,ダンパーや設計次第で,トーションバーでも乗り心地や安定性は確保できますが,走りのマツダ,という以上,貫くべきところ.

試乗車がでたら,乗ってみたいとは思います.

ちなみにSkyActiv-G 1.5Lはこんなエンジン.


1.5L,早く試乗させてくれ!という感じですw

車内に移って,エアコンの吹き出し口とサングラスホルダー.


ポリッシュドアルミ風のトリム,欧州車ではやりのスタイルですが,プラスチック感もなく上品.
そこはBK型はかないません….

メーターフードやダッシュボードは柔らかいプラスチック.
…こんなインテリア,マツダも作れるようになったか,と関心w


このホルダーは,CX-5とかと共通ですね.

ドライビングポジションは低めで,フロントが長めなので,車両感覚がツカミやすそうな雰囲気.
シートのホールド感もよく,インテリアも全体的に良かったです.

…試乗しに行こうw



Mazda 3 CNG Conceptと,アクセラハイブリッド.

外見的な違いは,ヘッドライトウォッシャーの有無とホイールの違いですが,CNG Conceptは18インチ.めちゃくちゃ締まって見えます.

うーん,仮に新型アクセラをかうとしたら,オプションで18"AWは必須ですね.
ただ,アテンザの19"が嫌な感じだったので,どうなるんだろうとちょっと不安.

いずれにせよ,ユーノス500ぶりくらいの美しいコンパクトセダンの登場は,嬉しい限りです.
たくさん売れることを願っております.


頑張れ! マツダ!

0 コメント:

コメントを投稿