Citroën DS4の試乗に行って来ました!

先日,バイト先でいつもお世話になってるアルファ乗りのおじさんに,こんな物を頂いたのがそもそものキッカケでした.


シトロエンBXのガラス製ヘッドライトカバーですw

このクルマの画像は当たり障りの無さそうな所から拝借してきたのですが,BXの画像を探して,シトロエンの公式サイトを覗いたら,何やらキャンペーンをやっている…?

そう,試乗キャンペーンです.
抽選で10名様にシトロエン・DSシリーズのロゴ入り腕時計が当たる!!

と書いてありまして,応募してしまいました.

そして,乗ってきたのがこちら!
シトロエン・DS4のChic,6ATのモデルです.


写真のセンスが無いものでちょっと野暮ったく写っていますが,実際はもうちょっとカッコいいですw


インパネ周りはこのような感じ.Chicは下位グレードなので,メーター周りが樹脂製,シートはファブリックですが,かなり質感がよかったです.ディーラーの方曰く,メッキの加工を3種類以上使い分けてるとか.


新しいダブルシェブロン.良い味出してます.


リアはかなり低くなっていて,クーペのようなスタイリングです.
156が走りですが,ドアハンドルのピラー埋め込みなど,堪らない表現もなされていました.


タイヤはMichelin Primacy HP.足回りの良さに加え,ミシュランの理想主義的な具合が絶妙にマッチしていました.

運転していて思ったのは,硬さと乗り心地の良さのバランスの取り方が凄いと思いました.

例えばこの間,最新のアテンザを試乗して来ましたが,どうにも硬すぎる感じを覚えましたけど,同じような安定感を感じる足回りながら,乗っていて硬すぎない.

まぁ…先日のアテンザは19インチってのもありますし…大目に見ておきましょうw
―序に,インテリアに関しては歯が立ちません.流石,の一言でした.

今度,機会があればアルファロメオ・ジュリエッタの試乗にも行ってみようと思います.

現実的に働く,ということを意識すると,何かモチベーションを保つために必要だな!とかも思ってまして,その一つとして,クルマの存在かな…とか考えてもいますから,暇なうちに色々乗ってみましょう.うん.

帰りは,幕張の東京インテリアに寄ってから,東関道をかっ飛ばしました.
で,降りたのはこちら!


酒々井インターチェンジです.

やはり綺麗でしたが,凄い勢いで八街方面への標識が出てたので,東京ゲートブリッジもそうですが,物流関連での渋滞緩和の為に作られたんだな,としみじみ思いました.

早くアウトレット出来るといいな,って,個人的にはそれくらいしか思ってませんけどね.

0 コメント:

コメントを投稿