マツダ・アクセラ(yr 2004, 20C) - (一時)帰還…。

それは昨朝の事。
ディーラーから、修理完了との一報を受け、アクセラを取りに行きました。

なんでも、お盆前に持ってくる時に、同じ症状が―とか何とかで。結局、お盆明けを待っての修理の予定だったらしいんですが、お盆前に持ってくる時に生じた症状というやつが、どうやらお盆明けには出なくなったと。


とりあえず、ディーラーから出てすぐは全く問題がなく、よーし治った!!と思って、凄い嬉しかったのですが、バイトに行き、帰宅途中に、その症状が…。


その症状とは、2速に入らないというもの。
ディーラーからの説明で、お盆前に出たという症状に合致しまして…。


挙句の果てに停車したらAT警告灯が。
…もう、何なの(´Д⊂

まだ今日、ディーラーには持って行けて無いんですが、また入院となりそうです。

けどディーラーで取り寄せたトランスミッションはリビルト品。OH済。それでこんな事ってあるの?
序に、EPUのプログラムも最新版にしてくれたらしいんですが…。

メカニックの方も、入院初日は午前1時半過ぎまで作業をしてくれたり、退院前日には60kmほど試験走行もしてくれたらしいのに、何故また…。

原因は諸所考えられるらしく、素人目にはちょっとわからないのですが、どうしてこうなった…?

ミレーニアと同じような乗り方は、アクセラにはハード?
―とか言って、飛ばしますけど、そこまで無茶はしてないし…。

まぁ意気消沈気味な中、バイト上がりに私の部屋で友人と、高校の時からの友達のお土産で、大阪の河内ワイン館のメルローを飲みまして。


まぁ、なんとかテンション保ってます…。
ああ、ホント早く治ってほしい…!

0 コメント:

コメントを投稿