SEIKO Five (Cal. 7S26)

連続での投稿です。
腕時計の話。


SEIKOの迷シリーズ・SEIKO Five。

日本ではクオーツムーブメントの台頭でラインナップ落ちしてしまったシリーズですが、海外では未だに売られています。

時計マニアの方々からはあまり良い評価は受けないシリーズですが、日本の腕時計メーカーだとSEIKOが一番好きな私としては、どうにも好きな1本。

度々この時計の写真をUPしてるとは思うんですが、改めてUPさせて頂きます(笑)

実はこの時計、長らく愛着がわかなくて、持っている時計の中では一番酷い扱いをしていた時計でした。

「壊れてもいいや」

それくらいの気持ちで、ホテルのハードなバイトの時にも着けて行ったり…そんなレベルです。

ですがここのところ、そのタフさが逆に、愛着がわく要因となりまして、オンでもオフでもしょっちゅうつけているという結果に。

機械式の腕時計には必須のOHなど購入後一度もしたことがなく、日差はかなり酷いですが、それでもつけていたい、そう思わせてくれる魅力を今、この時計に感じているんです。


…とはいえ、腕時計が大好きな私はこれからも色々と買っていくと思います。

ですがその隣にはいつも、この時計があると、そう最近は確信しています。
これからも大事にしていきたいです。

0 コメント:

コメントを投稿