東京オートサロン・2011に行ってきた!

さて、去年も行きましたが今年もっ!
行ってきました。



ズバリ今年のまとめとしては、"来年は絶対にコンパニオン撮影隊の一味に勝手に加わる"です。ぇ
…じゃなくて!w

まぁ兎に角、可愛いお姉さんもいっぱいで悩殺されました。ぇ

ざっと全体の風景はこんな感じ。
展示自体は去年より"自動車的華やかさ"はなくなってしまった感じでしたが、特別招待日の割には人が多かった感じです。


今日の一番のお目当ては、Kenwoodの新しいナビ。画面の解像度も上がって、性能もアップしたらしいので、いち早く実機を触りたく、車そっちのけでKenwoodのブースへ行きました。

・ Kenwood MDV-727DTとMDV-626DT



担当の方に色々とお話を伺ったのですが、地図データを改めてデジタル処理し直して収録しているため、非常に高精細な地図を画面のスペックに見合った表示で映し出せるそうです。既存のKenwoodのナビの4倍の表示面積がありながらにして、マップのスクロールをしても地図が途切れずにどんどん表示。(もちろん3Dの建物も)この点は、本当に凄いと思いました。

今まで、Pioneerが画面の高解像度化にはかなり力を入れていて、その他の会社のナビはその点で遅れていたように見受けられますが、Kenwoodが力を入れて高解像度化をしたということは、他社も液晶パネルを切り替えるんじゃないでしょうか。

あらゆる面において、このKenwood MDV-727DTとMDV-626DTは本当にいいカーナビだと思います。プレスリリースによればメーカー小売希望価格は、727が15万円前後、626が13万円前後だそうなので、価格の面でもかなりのアドバンテージがあるように思えます。

これは今年期待のナビ、となりそうです。

まぁとりあえず…!このKenwoodブースのコンパニオンさん。
非常に可愛かったです。(はいはい)

と言うわけで車に話題を戻しましょう(笑)

今回はホットハッチのスポーツカー(Lexus CTが入るのかは分かりませんが…。)が各社から出品されていたので、まずはそれらから。色々撮ってきたのですが、如何せん枚数が多いので気が向いたら載せます。


・ レクサス CT200h "F-sport"



Lexusが先日発表した、ハッチバックのハイブリッドスポーツ・CT200h。シートに座らせてもらっちゃいました(笑)

サイズ自体、トヨタのビッツとオーリスの中間ぐらいなのですが、インテリアの質感も高くて、売れそうな雰囲気を漂わせていました。プラットフォームは確か、新MCプラットフォーム。ハイブリッドのシステムに関しては現行のプリウスと同じ物だった気がします。

ただまぁ、やはりこの車を見て思い出すのは我らがマツダのアクセラ。
トヨタは内装のデザインが上手いので、どうにも引けをとってしまいがちですが、乗り心地はどうなのかな…。

まぁ、兎に角登場が楽しみな車です!


・ ルノー メガーヌRS






ホットハッチというと、やはりVW・ゴルフのスポーツモデルが思い浮かびがちですが、何気に日本でもかなり売れてるのがこちらのルノー・メガーヌRS。

まずやはり、ドアが厚かったです…。うちのミレーニアさん何かとは比べ物にならないくらい質感がありました(笑)

インテリアのデザインは流石のヨーロッパ車という感じ。車の状態を表示する小さい液晶もついて、まさにオタクにぴったりな感じ。インマニから振動を取って、車内にエンジン音を伝える何ていう小細工も施されているようで、それがまたオタクにピッタリ。(そのあたりで話を聞いていた方の表現を頂いちゃいますがw)

いやぁ…かっこ良かったです。


・ アバルト プントとアバルト 500


最近かなり台数が出てる気がする、フィアット・500。そしてフィアット・プント。フィアットが誇るある意味世界最強なチューナー・アバルトが最新の2モデルを出品していました。

エンジンスペックなどについては知らないのですが、多分アホ車なことは間違いないです…。
アバルトらしいや…(一言w


…、と言うわけで!
ホットハッチ特集は以上で終了。

今回のオートサロンは、去年よりアフターパーツを気にするようになった自分としてはかなり楽しめました。

それに、CTの運転席に乗せてもらっちゃいましたし…w

そして何よりお姉さんが可愛かったですし!
お姉さんが!可愛かったですし!

大事なことなので2回言いました(キリッ

また後ほど気が向けば、写真をアップしようと思いますw
オートサロンの本番は週末からです。皆さんも是非、足を運んでみてください。

何よりお姉さんが可愛いですよ!ぁ

0 コメント:

コメントを投稿